畏き者

畏き者は大陸の歴史に深く刻印された超常の存在であり、エヴァリナの集合と相互作用することで生じると考えられる。この存在は崇願期1年の超巨大爆発とともに初めてこの世界に顕現し、以降、大陸の各地に出現して人々の生活や文化、信仰に深く影響を及ぼしてきた。

エヴァリナ

畏き者の発生はエヴァリナの特定の集合に密接に関連しているとされる。エヴァリナの素子は単体でもその力を持つものの、特定の集結や条件下での結束が、畏き者という具体的な形を取る原動力となる。この原理はエヴァリナ学においても研究の中心となっており、多くの賢者や学者が畏き者の出現や活動の背後にあるエヴァリナの法則を解明しようとしている。

人と畏き者

人々の間で畏き者は常に恐れられ、また尊崇された存在であった。崇願期に出現した際、多くの集落や都市国家は畏き者との適切な関係を築くための新しい宗教や信仰を形成する必要に迫られた。畏き者との接触や交流を通じて、彼らの持つ超常の力や恩寵を利用する方法が研究され、多くの国や地域でその知識が蓄積された。

317年、英雄ヴェランドは強大な畏き者エストラヴィンを人類で初めて滅したことで、畏き者との関係は新たな段階を迎える。この出来事は、人々に畏き者を恐れるだけでなく、彼らとの共存や利用の可能性を示唆し、シャロヴィアの建国やヴァント信仰の成立に大きく寄与した。

畏き者との関係は、大陸の歴史を通じて様々に変遷してきたが、彼らとの交流や理解は、各国や地域の繁栄と深く結びついていることは疑いようのない事実である。畏き者という存在は、大陸の未来を築く上での重要な鍵となっている。

ヴァン級

ヴァン級は、畏き者の中でも最も力強く、存在そのものが自然と一体となっている畏き者たちを指す。彼らの力は絶大であり、大陸の自然環境や気象、さらには大陸の形状そのものに影響を及ぼす。ヴァン級の畏き者たちは人間の感知の範疇を超えており、その恩寵の獲得は非常に難しく、記録されている例は僅かである。

次のような広く知られたヴァン級の畏き者が存在しているが、全体では20から30体ほどだと学者たちは推定している。

クレリヴァ

大陸全体を貫く巨大な山脈は、クレリヴァそのものである。彼女の身体は山々として形成され、その麓から頂上までがクレリヴァの脈動と息吹を感じることができる。彼女の恩寵の影響は、山脈に生息する生物や山の鉱石、さらには山から湧き出る水源にも及ぶ。

アイレナ

深い海の畏き者であり、大陸の海岸線や深海の底はアイレナの身体そのものとなっている。彼女の存在は、大陸の海洋生態系や海流、さらには潮の満ち引きにも影響を及ぼしている。アイレナとの交流は難しく、その恩寵を手に入れることは稀であるが、その力は海を超えて大陸全体に影響を及ぼす。

セルトラ

空と風を統べる畏き者であり、その存在は天空全体を覆っていると考えられている。雲の流れや風の向き、雷雨や晴天は全てセルトラの意志と脈動によって制御されている。セルトラの恩寵は、気象を利用した農業や航海に大きな影響を及ぼしている。

ヴァリンディス

地下の深層と鉱石を司る畏き者。大陸の地下深くに眠るヴァリンディスは、地下資源や地震、さらには火山の活動にも影響を及ぼしている。その存在は地下の神秘として崇拝されており、その恩寵を求める者たちが地下深くに挑戦することもある。

ヴァン級の畏き者たちは、大陸の自然そのものに近く、あらゆる環境に彼らの恩寵が関わっている。自然を形成し維持する不可欠な存在であり、人々の生活や文化、信仰に深く影響を及ぼしている。

セファ級

セファ級は、人間の生活に直接影響を及ぼす規模の畏き者たちを指す。彼らはその力と存在感で人々の日常や文化、信仰に大きな役割を果たしている。セファ級の畏き者たちは、時には他の畏き者との争いを繰り広げ、その影響は人々の生活にも大きな変動をもたらすことがある。人々の生活や文化に深く根付いており、その影響は世代を超えて受け継がれている。

全体では数千以上存在していると考えられている。

リュノスク

月明かりの下にのみ姿を現し、人々を魅了する畏き者。彼の率いる行列は、夜の闇に包まれながら謎の舞を舞う。人々はリュノスクの現れる夜には外出を避け、彼の力を畏れつつも神秘的な舞を楽しむ。

グレナキア

心臓形の巨大な岩石として存在する畏き者。グレナキアの恩寵は農地に豊穣をもたらし、人々は収穫を祝い、彼女に感謝の祈りを捧げる。

エリオラ

透明な風の形として現れる畏き者。エリオラの声は風と共に人々の耳に届き、秘密や未来の知識を囁く。

ヴィエ

死の閾に現れる詩人のような畏き者。ヴィエの詩は、死を迎える者やその家族に慰めと安らぎを与える。

ヴァンネリ

夜の闇に現れる夢の畏き者。ヴァンネリは人々の夢を操り、一族や家族の絆を強化する。

プリトゥス

結婚や出産を祝福する畏き者。プリトゥスの恩寵は新しい命の誕生や家族の拡大に影響を及ぼす。

ルヴェナ

子供を誘拐し、その命を奪う恐ろしい畏き者。ルヴェナから子供たちを守るため、多くの儀式や祈りが行われる。