ヴェレスティの焼き魚

七国期初頭、特に860年から875年にかけて、アヴィスティアの寒冷な北部地域で誕生した料理である。この時期、アヴィスティアは海産物の取引において頂点を迎え、地域の独特な風味や調理法が発展していった。

深海の希少な魚、ヴァラスタをメインとして使用する。ヴァラスタはアヴィスティア沿岸部の深海でのみ獲れる魚で、その身は白く、柔らかいテクスチャと深い味わいが特徴である。魚はまず、エヴァリナを含んだ特製の塩でじっくりと漬け込まれる。このエヴァリナ入りの塩が、ヴァラスタの身に奥深い味わいを引き出し、食材本来の旨みを最大限に活かす役割を果たす。その後、極寒の気候を利用して、風で自然乾燥させた後、直火で焼き上げられる。

七国期のアヴィスティアの社会において、料理は豊富な海の恵みを生かしたものが中心となっていた。その中でも、ヴェレスティの焼き魚は当時の貴族や商人たちによって特に重視されており、彼らの間での晩餐や宴会の際には必ずといっていいほど供された。この料理が誕生した860年から875年の間は、アヴィスティアとノルセリアとの海上交易が盛んであり、この二国間の交易によってもたらされたさまざまなスパイスや調味料が、ヴェレスティの焼き魚の調理法に取り入れられていった。

現在のアヴィスティアにおいても、ヴェレスティの焼き魚はその歴史的背景と独特な風味から、高級料理としての地位を保持している。特に冬の祭りの際にはこの料理が振る舞われることが多く、その歴史や風味を誇りに感じるアヴィスティアの人々の間で、未だにその人気は衰えることがない。