ロスガル・デヴラニア

ロスガル・デヴラニアは群王期にノルセリアの一端を支配した狡猾な策略家として知られる。彼の生涯はいくつかの詳細な記録によって明らかとなっており、その中で彼の横暴さ、策略、そして冷酷さが窺える。

彼は634年、ノルセリアの豪商の家に生まれる。若いころからその頭の良さと商才を持つ一方で、他者を欺く技巧に長けていた。彼の初めての策略として知られるのは、655年に近隣の商家との間で行われた複雑な取引において、意図的に情報を隠蔽し、相手方を破滅させるというものだった。

デヴラニアの策略は、その後も続く。662年、彼はノルセリアの主要な交易都市の一つを巧妙に手中に収め、その後数年間にわたって都市を私物化。さらに彼は、異国の商人たちとの交渉においても、彼自身の利益のために卑劣な策を巡らせた。

彼の名は、畏き者恩寵の力を用いての策略もまた伝説となっている。667年、彼はある畏き者との取引を経て、競合する都市を破壊。その後、彼の領地はさらに広がり、彼の権力はその頂点を迎える。

しかし、その絶頂も長くは続かなかった。680年頃、彼の策略が多くの敵を生むこととなり、多数の反乱が勃発。彼は幾つかの反乱を鎮圧するものの、690年、彼は自らの策略によって失脚。その命を終えた。

ロスガル・デヴラニアの名は、群王期のノルセリアの歴史において、策略家としての評価が高い一方、その冷酷さと狡猾さから多くの人々に恐れられた存在であった。彼の行動は多くの都市や国家に影響を与え、その影響は今日に至るまで続いているとされる。