グレナキア

特徴的な心臓形の巨大な岩石の姿で、それはフェダスの地に鎮座し、その恩寵によって農地を豊穣にする力を持つ畏き者

グレナキアの存在は崇願期より前から伝えられており、その初期の記録は極めて希少である。彼女はこの時期に多くの畏き者たちと同じく、人々の心や生活に深く関わりを持つようになった。その特異な姿と、農地に豊作をもたらす力は、この時代の人々にとって、神秘的であり、感謝の対象であった。

一統期、英雄ヴェランドの活躍とシャロヴィア建国の時代、グレナキアの恩寵を利用する技術が進化し、フェダス地域の豊かさは際立っていた。この時期、グレナキアを中心とした信仰体系が強化され、統治者たちはその恩寵を受け継ぐことで、民衆の信頼と支持を得るようになる。

群王期にはグレナキアの恩寵に関する知識や技術がさらに発展。しかし、恩寵の管理に関する緊張や争いも増加し、その恩寵を手に入れることは、国家の繁栄や国力を高めるシンボルとされた。

七国期現在もフェダスの王はグレナキアの恩寵を継承し、それは王権の正統性の証とされている。この恩寵のもと、フェダスは農業国として繁栄を続けている。

グレナキアの恩寵

グレナキアの持つ恩寵は、農地に豊穣をもたらす。この恩寵の影響下にある土地は、通常の数倍の収穫を得ることができる。また土地の肥沃さが持続し、病害虫や災害からの保護も受けられると言われている。

この恩寵の秘密は、長い間、フェダスの王家や神官によって厳重に守られてきた。しかし、時代とともに、その知識や技術は一部の専門家や学者にも共有されるようになった。現在では、恩寵の効果を最大限に引き出すための儀式や手法が、フェダスの地で行われている。