クレリヴァ

クレリヴァは、この世界の偉大なる力の体現者である。彼女の存在は、時代を越えて大陸の人々の生活と歴史に深く関わってきた。彼女の姿はそのまま大陸を横断する巨大な山脈として現れ、その雄大なる景観は多くの詩人や歌人から称賛されてきた。

身体としての山脈

崇願期の126年、古い文献に初めてクレリヴァの名が記される。彼女はすでにその時点で存在しており、畏き者たちの中でも一際その力と影響力を持つ者とされていた。山々としてのクレリヴァは、多くの生物の生息地となっており、特に頂上近くには稀有な種が生息している。これはクレリヴァの恩寵が、特定の生物にしか与えられないためである。山の鉱石もまた、彼女の恩寵により特異な特性を持っている。

恩寵とその影響

一統期の359年、シャロヴィアの偉大なる賢者ゾランティスは、クレリヴァの鉱石の中でも「ヴェルザリウム」という鉱石が彼女の恩寵の影響を強く受けていることを発表。この鉱石は、他の鉱石には見られない強力なエネルギーを持ち、多くの技術や魔法の基盤となっている。さらに、山から湧き出る水源も、クレリヴァの恩寵の影響を受けており、この水を飲むことで特別な能力を得ることができると言われている。

詩と歌の中のクレリヴァ

七国期の927年、詩人エリアナが「大陸の心臓」と題する詩を発表。この詩の中で、彼女はクレリヴァを大陸の心臓として称賛し、その雄大なる姿と恩寵に感謝の意を込めて綴った。この詩は、当時の人々の間で非常に高い評価を受け、多くの後続の詩人や歌人に影響を与えている。

クレリヴァの存在は、この世界の中で絶え間なく人々の心と生活に影響を与え続けている。彼女の山脈は、ただの地形ではなく、この世界の歴史と文化の中心として、多くの人々に愛され続けているのである。