アイレナ

古来より人類が知る中で最も偉大で神秘的な畏き者の一つとして、世代を超えて謳われてきた存在である。彼女の姿や真の力の全容は未だに謎に包まれているが、彼女の影響力の及ぶ範囲は計り知れない。

海の支配者

アイレナの存在は、大陸の海岸線を形成し、深海の底をその身体そのものとして支配している。その巨大な身体は、無数の海洋生物の宿所となり、海の生態系や海流、そして潮の満ち引きにも影響を与えている。一部の海洋学者たちは、彼女の動きや息吹によって、大陸の気象や風向きまで変わることがあるとの説を唱えている。

アイレナとの直接的な交流は非常に難しく、崇願期273年には、冒険家クランタールが彼女とのコンタクトを試みるも、その命を失ってしまったという悲劇が記録されている。一部の海洋の神官や特定のフェグスターたちは、彼女との間に狭いが深い絆を築き上げ、彼女の恩寵を受けることへの挑戦に生涯を捧げている。

恩寵の力

アイレナの恩寵を持つ者は、海を超えて大陸全体に影響を及ぼすことができると言われる。一統期429年、伝説の船乗りアルヴェスがアイレナの恩寵を得たと主張したが、今では誤りだと考えられている。それでも彼の指揮する艦隊は海を自在に操り、多くの戦争を勝利に導いたと言われている。アイレナの恩寵を真に持つ者は確認されていない。

「アイレナの涙」と称される特定の真珠や、彼女の体から採れると言われる貴重な鉱石は、七国期までの歴史を通じて、多くの詩や楽曲、芸術作品の題材として取り上げられてきた。その美しさと神秘は、人々の心を捉え、彼女への崇拝や尊敬の念をより一層深めている。

人々の間では、アイレナは絶えず大陸の平和と繁栄を見守る存在として、信仰の対象となっており、その影響は絶大である。